DUGA

緊縛

「痛い…けど止めないで下さい…」心も体も縛られて堕ちていく女たち。緊縛・蝋燭・鞭・拘束具…あらゆる調教に悶絶イキ!もう普通のセックスでは満足できない…。縄と淫具に囚われる無限快楽地獄!!未知の快感に嗚咽交じりの嬌声が響く…。義父の容赦ない性技に溺れていく嫁「もっと…もっとキツく縛ってください…」激しさを増していく緊縛調教の日々。嫌がりながらも感じてしまう正直な身体「お義父さん!やめてください!」夫を亡くした妻の心を満たす緊縛快楽。「死んだ女房はこれが好きだったんじゃ…」縄調教が繋ぐ異常な関係「もう戻れない…あなた、ごめんなさい…」

緊縛

もうお義父さん無しでは生きていけない…。縛られ嬲られ犯されて悲鳴を上げながらイキ悶える!!味わったことのない快感に溺れていく嫁の肢体。「ワシがじっくりと躾けてやろう…」ねっとり濃厚な義父の性技に身体の火照りが治らない!「お義父さん…もっとシテくださいぃ」痛みはやがて快楽へ変わっていく…。犯し尽くされる行為に悦びを感じるドM嫁。

緊縛

妻は自分よりセックスがいい男のところへ逃げたと思っている義父は、やり場の無い歪んだ性欲を息子の嫁にぶつけていた。一方、夫が仕事の事で思い悩んでいたとき親身に話を聞かず義父の手込めにされてしまったことを後悔している紫穂は後ろめたい気持ちから、義父の調教を拒めずに関係を続けてしまい抜け出せずにいた…。

緊縛

巨尻に巨乳に麻縄が食い込み禁淫に喘ぐ人妻たち!不甲斐ない息子に替わり団塊オヤジが昭和のエロ縄性技で嫁の性欲を鷲掴み!一度知ってしまった麻縄の味は二度と止められない!束縛されるほど解き放たれる人妻の秘めた性欲…。

緊縛

献身的に看病した義母を癌で亡くした義父。2人の仲の良さは『いろは』にとって理想の夫婦に映っていた。しかしそれは緊縛調教によるものだった。いろはを妻の代わりにしようと義父は息子の嫁を荒縄で縛り上げ、犬としての調教が始まる。夫の入浴中にドア一枚隔てた強制イラマチオ、蜜壷に挿入された茄子をなにも知らずに食す夫。その夫も不慮の事故で亡くなり、いろはは喪服のまま更なる調教を受ける。もはや2人を止めるものは誰もいない…。

緊縛

あまりかまってくれない夫に小さな不満を持ちながらも幸せに暮らしていたゆりえ。義母の死にともない好好爺の義父と同居することになるが、その本性は色情魔であった。息子の嫁を手込めにする機会を淡々と伺っていた義父は、息子の出張を狙い、ゆりえの背後からいきなり縄をかけ縛り上げる。犬として調教された、ゆりえは義母の三回忌に喪服のまま、片足吊り、鞭打ち、蝋燭攻め・熟年手練の恥辱プレイ、終わらない調教の快楽に打ち震える…。

緊縛

妻を癌で亡くし老いてもなお盛んな性欲を持て余す義父は息子の嫁であるマキにわざと卑猥な写真を見せ興味を持たせ自慢のデカマラを思う存分突き立てる。「亡くなったお義母さんに怨まれます」夫の淡白なSEXに比べ義父の濃厚な性技巧と年期の入った緊縛縄遊戯の虜となっていくマキ。いつしか夫よりも義父を愛している自分に気づく。「親子でこうも違うのかしらお義父さんの絶倫マラが忘れられない…」

緊縛

8年前、家族を捨て男と駆け落ちして出て行った祥子が戻ってきた。その事に対し、怒りと共に暗い欲望を覚える息子・聡史。『8年間僕が受けてきた苦しみを…今度は母さんに味合わせてやる。』祥子を縛り上げ、責め立てる聡史。母子の禁断の性交は日々エスカレートしてゆく。一方で妻を許せず抱くことができずにいた夫・幸男は、息子に縛り上げられ悦楽の声を上げる祥子を見て叫ぶ。『お前ら親子でオレをどこまでバカにするんだ!』

緊縛

人妻が麻縄の異常な快楽に溺れていく。暴走する義父が夢中で求める熟れた身体。身も心も麻縄に逆らえない…濡れたワレ目にグイグイ麻縄を食い込ませる!欲求不満な身体が人妻の理性を狂わせる…。貞淑な人妻の歪んだ欲望に火をつける!

緊縛

夫の両親と同居し幸せな日々を過ごしていたが病気で義母を亡くし衰弱していく義父を心配していた嫁の結子。義父は結子の仕草が妻に似ていることが気になっていた。義父と義母の馴れ初めが気になった結子だったが、義父は麻縄で義母を縛り調教していた関係を打ち明け、結子を調教し始めた。やがて二人は…。