DUGA

SM

「生き埋め」シリーズ第3弾の登場。ホームセンターで目にしたタンクを思わず衝動買い!!「このタンクに、女の子入れて埋めるのいいんじゃね?」的な発想で、まずはテスト撮影してみました!!ぜひご覧あれ!

SM

バニーガールさんに「ビニールでグルグル巻きになって!!」と簡単に伝え、バニーさんも「簡単だなぁ~」と言う感じでグルグル巻きを始めるのだが、徐々に動きにくくなり、呼吸も荒くなり…バニーさんが「あれっ??」と思った時には、すでに遅し…自分ではどうする事もできない状態になってしまって助けを求めます。とりあえず呼吸穴を開け、この状態で抜け出せるか尋ねると「自分では抜け出ることができない」との事で、足先からビニールを切ってやっと抜け出すことができる、そんな映像です!!

SM

前回は両足と両手も拘束した為、蓋の曇りを取る事ができませんでしたが、今回は両手を拘束せず、さらにタオルを渡し、中から曇りを拭き取る事ができるようにした為、女性の表情がはっきり見る事ができます。制服の女の子が土に埋もれ、さらに土の中に放置され…完全に埋めてしまった後に、顔の部分だけ掘り戻したり、更にまた埋めたりと、内容も充実しております。

SM

女性が自力で脱け出す事ができない様、全身をぐるぐる巻きにして箱に詰め、土に埋めました。女性の表情が見る事ができる様に顔には巻かず、さらに箱の蓋を透明にしました。完全に埋めてしまった後、中の女性の感想を聞いたり、顔の部分だけ掘り戻したり、また埋めたりと、内容も充実しております。今作では、掘り返すシーンも収録しております。

SM

ぐるぐる巻き機3.5号の本番撮影映像です。テストで、問題無く動作する事を確認し、いざ本番撮影です。監督が、残りのストレッチフィルムを全部使う予定で撮影を開始しましたが、予想以上に正座の体勢に負担があるとの事で、ストレッチフィルムを全部使い果たす事は、無理でした。最後のシーンでは、簡単にストレッチフィルムから抜け出せる状況なのですが、モデルさんが抜け出す事ができないと勘違いして、一人パニックになっています。(監督の指示であっけなく出る事ができた後は、ホッとしたのかモデルさんが笑い出してしまっております)このバージョン(3号機)の撮影はこれで終了となり、今後4号機の製作を予定しております!!

SM

コスプレ圧縮シリーズ第3弾!!今回は、「ラブ○イブ○ンシャイン」の制服です。圧縮回数は、4回です。圧縮された様子はお愉しみいただけますが、圧縮袋の閉じ口がダメになっており、空気が少しづつ漏れてしまっています。

SM

コスプレ圧縮シリーズ第2弾!!今回は「けい○ん」の制服です。圧縮回数は、3回です。自ら圧縮袋に入り、チャックを閉めてもらい圧縮される。だんだん苦しくなり袋を開けてもらう。最後はもがいて自力で開けます。

SM

今回は、服の上に「透明ラップ」を巻き、さらに「白色のビニールテープ」を巻き、さらに「黒色のラップ」を巻き、さらに「白色のビニールテープ」で巻きました。服の上に4重に巻いたので、かなり固く巻かれてます。最後に、口元を塞がれてしまいました。

SM

「ミイラの様な体験をしてみたい!!」という、私の願望が叶いました!!服の上からビニールテープで、全身を巻かれ、まったく動く事ができなくなった状態で、ベッドから机まで、移動させられちゃいました。その時の私は、物の様に運ばれて、マネキン人形の様です。その後、ベッドに戻されたのですが、口元まで完全に塞がれるとは思ってもいませんでした…。

SM

自ら、この作品のモデルに志願した、ちょっと変態?な、私です。真っ白なテープでグルグル巻かれたい…そんな危険な願望が叶いました!!撮影が始まりました。服の上からビニールテープで全身を巻かれ、全く動く事ができなくなった状態で、さらに監督さんが、帽子や、マスク、ランドセルを私に付け、なにやら満足そうにしている様です。「これで終わってしまうのかな?」そう思っていた時に、不意に身体が持ち上げられ、どこかに運ばれました。監督さんは、私を、物の様に扱い、どこかに移動したみたいです。「まだ何かするの…?」「まだ終わらないの??」耳をすますと「カシャ!!カシャ!!」と、聞こえてくるので、どうやら写真撮影をしているみたいです。しばらくすると、写真の撮影が終わったらしく、私は又、監督に物の様に扱われて、元のベッドへ戻されました。完璧主義の監督さんは、口元がまだ、塞がっていない事が気に入らないらしく「ちょっとの間だけ、口元を塞ぐから」と言って、私の口元まで塞いでしまいました。私は、完全にテープで巻かれ、完全に包まれてしまいました。これは、私が望んでいた事…。